FC2ブログ

西諫早あおぞらバレーボールのキセキ

バレー大好きの小学生の子供達にもっとバレーを好きになってもらうために頑張ります!只今、部員も募集中です!

かんぽ生命ドリームカップ長崎県大会

土曜日、日曜日とかんぽ生命ドリームカップ長崎県大会が開催され、西諌早あおぞらも3年ぶりに出場することができました。

試合結果から言うと1回戦敗退…。しかし、子供達は思っていた以上の活躍をしてくれました。
1回戦の対戦相手は基山練習会、GWカップなどでなかんか勝利できなかったチームとの対戦。このチームも今の6年生が4年生のときから結構対戦させてもらっていたチーム。3チームで1日の練習試合を何度もしていた記憶があります。そんなチームと県大会で対戦できる楽しみ。でも、その頃と比べると全く別のチームのように立派なチームになっていました。頑張ったのでしょうね。

試合内容は相変わらずスタートダッシュが悪い西諌早あおぞらは先行されるも粘りを見せ、どうにか食らいついて頑張ったところ、セットの終盤にサーブでリードを取ることができ、なんと1セットを先取しました…。この時点で、本当はいいアドバイスができていたら…。いい作戦を伝えられていたら…。と後悔が何度も何度も頭を巡ります。2セット目は多分7対0でリードされ、その後少しずつ追いついて、最後はエースの5連続ぐらいのサーブでの得点があり、19対19まで行ったのですが、残念ながらセットを落としてしまいました。またこの時点でサーブ順を変えたり、ブロックのマークを変えたりなどの適切な作戦が打てたなら…。と頭を席捲しています。タラレバの世界が頭の半分を占め、久しぶりに仕事中もバレーのことがよぎってしまうことが数回ありました。
残念ながら3セット目は7点しか取れず敗退…。でも、結構面白い、いい試合を見せてくれました。ありがとう!

このチームは2年間、結構つらい思いをさせてきたと思います。2年前は6年生1人と入部したての4年生が多く、屈辱の21対0での敗戦も2回ほどありました。そんなスタートから私が体調、息子の受験、家庭の事情などで1年間お休みをもらいました。その間、コーチと現監督が子供達を支え、指導してくれました。その時間が無ければ今の子供達の成長はありません。本当にありがとうございました。

もし、お休みをもらわず指導を続けていたら…。と言うことも考えないことはないのですが、息子が希望校に入ることができ、体もしっかり休め、家族との時間も確保できたことは良かったと思っています。いろいろな生活があってもいいはずです。
ただ、今年の上位チームをみてみると今の6年生が4年生の時、同じように4年生が多いチームだったような気がします。そのチームをじっくり作り上げた成果が全国大会や九州大会出場ということになったのだと思います。

どのチームも可能性は無限にあります。それは西諌早あおぞらも例外ではなく、本気になれば九州大会などにいける可能性はあったはずです。今回、県大会でいい試合をしてくれましたが、本気であったかと言うと、まだ本気ではなかったと思います。私もまだまだ本気ではなかったと思います。私が3月下旬にチームと合流し、県大会出場を目指してチームのサポートをさせていただきました。基本土曜日は極力練習に参加しましたが、日曜日の練習や試合などはお休みをさせてもらいました。
もし、もっと試合に参加し、子供達の様子、体力、強み、弱みを理解できていたら…。と何度も何度も落ち込んでいます。
また、目標が県大会出場だったので、それが達成できたときどうするか事前に考えておくべきでした…。

なんか今日は反省しか出てこないので、少し頭を冷やして、再度県大会の感想を書かせてもらいます。
スポンサーサイト



[ 2019/07/02 00:48 ] バレーボール | TB(0) | CM(0)

あと3週間!

県大会まであと3週間!対戦相手も決まって気合十分です。たいした経験はないのですが、3回目の全国大会予選の県大会出場なので、今までよりは落ち着いています。それも今回は監督や先輩コーチもおられるので、安心です。
基本的に私は土曜日の練習を任せていただいています。逆に日曜日はお休みをさせていただいています。なので日曜日の練習試合がどうだったのか…?また土曜日に確認させてもらいます。

しかし、私の練習スタイルは県大会前であろうとチーム練習以外は全員できるだけ公平に練習をしてもらいます。なので時間がかかる…。本当は試合前だけでもレギュラーを中心に練習しても良いのかもしれませんが、やっぱり自分のスタイルは崩したくない。
今の西諌早あおぞらのマネージメントは監督と先輩コーチに任せているので、少しずつビシッとしつつあります。それが西諌早あおぞらのカラーになりつつあります。私的には西諌早あおぞらはのんびりしたチームと勝手に思っていましたが、指導する人で大きく変わります。あと3週間で大化けしてくれたら嬉しいのですが…。

職場でもマネージメントする立場に!監督さんで大きく変わるのであれば、私で大丈夫なのでしょうか…?
とにかく情熱だけは負けないように家に帰っても日々勉強中です。最近はカタカナ語にやられっ放し。学が無い分、あとでググって言葉の確認したり、本で勉強。ハイセット、ディグ、レセプション。バレーでもカタカナ語が大流行り。もう日本では通用しない人種になりつつあります。
[ 2019/06/10 21:57 ] バレーボール | TB(0) | CM(0)

高校総体!

西諌早あおぞらが県大会に出場することができ、ひと安心していたけど、今度は息子の高校総体!

西諌早中学にバレー部が無くて、中学では他のスポーツの部活に入り「チョレイ!」と頑張ってくれていましたが、今度は高校で再びバレー部を選んでくれました。息子たちが入部するまでは部員が足りず公式戦には出られなくて、ビーチバレーや混合チームでの大会出場などだけだったそうです。

しかし、今年の1年生が5人入部!高校総体に出場できることになりました。
結果、3年生2人、2年生3人、1年生5人で中学でバレーをしていた1年生が入って先発6人だったところ、2年生がケガをして一人足らない状態に…。3年間のブランクがあるけど息子に白羽の矢が立ちました。

小学生バレーではブロック、ローテなどは教えてもらっていないし、何はともあれネットが高い…。たまにあおぞらの練習に来て、2mのネットで気持ちよく飛んでスパイクを打っていましたが、40cm以上高いネットが最大の壁のようでした。

息子からは絶対に見に来ないように!と何度も言われましたが、午前中のジュニアの練習が終了後、夫婦で試合会場がある長崎へ向かいました。最初は職場の近くの高校が女子の試合会場になっていたので、少し立ち寄ってみました。
知り合いにも数名会い、意外とバレー界では知名度があるのかも?と思うくらい多くの人と会いました。

男子会場に行っても、保護者さんやジュニアの時に一緒に頑張った子供達がいて非常に楽しかったです。

試合内容はの公式戦にしては十分頑張っていました。サーブもミスがなく、キャッチも他のメンバーがカバーしてくれて頑張ってくれていたように見えました。しかし、スパイクはまだまだ練習が必要なようでした。

でも、チームとしては3年生が引っ張って、2年生が熱くなり、1年生が元気を出す役目のように見えましたが、本当に仲が良さそうなチームでした。みんなで声を掛け合って、失敗を怒らない。息子も楽しそうにバレーをしていたし、良いチームでした。
3年生にはできるだけ多く試合ができるように頑張っていましたが願いかなわず…。

これから少しずつ高校の活動も書けたらと思っています。例のごとく眠たくなったのでまた後で!

[ 2019/06/06 00:01 ] バレーボール | TB(0) | CM(0)

県大会出場決定!

昨日、かんぽ生命ドリームカップ(全国大会)の長崎県予選(県大会)出場をかけた諫早市予選が行われ、西諌早あおぞらは見事に2位となり県大会出場の切符を得ることができました!

チームとして、子供達、保護者、指導者の共通の目標でもあった「県大会出場」を勝ち取ることができ、本当に感激しました!!私の勝手で1年間お休みをいただき、子供達をはじめ、チーム関係者や他チームの皆様にもいろいろご迷惑をおかけした中、温かく西諌早あおぞらを応援してくださった皆様のおかげだと感謝しています。本当にありがとうございました。

今回は多分西諌早あおぞら始まって以来だと思いますが、男女アベック出場!
あおぞらカップやいろいろなことで協力しあって頑張った結果だと思っています。あおぞら女子もおめでとう!!

今回は日曜日が西諌早小学校が運動会のため、金曜日から体育館が使えない状況でしたが、保護者さんの協力の下、市内の体育館を借りて練習をさせてもらいました。金曜日の練習は監督と私とお父さん2名がお休みを取って練習に参加しましたし、土曜日も中学校の体育館を借りて朝練をさせてもらいました。出張で参加できない先輩コーチからケガだけはさせないように!と指示があり、最新の注意を払って練習をしましたが、自分が熱くなってくると無理なこともさせていたのかも…。

さて、試合内容は第一試合、春季大会や練習試合などで負けた経験のある去年のチャンピオンチームとの対戦。4年前、諌早の優勝候補筆頭を逆転で倒して県大会出場を手に入れた印象が強烈に残っていたので、私的には最新の注意を払って対戦しました。試合の序盤はサーブミスの応酬…。点数だけ見たらシーソーゲーム…。そんな中、じわりじわりとサーブやエースのスパイクの調子が上がってきて、セットを取ることができました。6年生が多い分、最初にセットを取ると気持ち的にも有利になり、2セット目もどうにか取ることができて勝利することができました。

第二試合は諫早のチャンピオンチームとの対戦。1年前からセンスのいい選手がいましたが、さらに上手くなっていました。正直、今のチーム状態では3セットマッチで勝つことは難しい状況でしたが、これから上位のチームと対戦していくためには慣れていかなくてはならないので、子供達には今持てる力で頑張ってもらいました。
ただ、こちらの力の入れ方を子供達は敏感に反応し、第一試合とは違って元気がない状況…。ベンチスタッフとしての反省点です。しかし、第一セットの後半からピンチサーバーが雰囲気を変えてくれたおかげで次の試合に繋げることができる状況にしてくれました。やっぱり全員バレーって素晴らしいですね。監督の采配のお陰です。

昼食が終わってひと試合あけてから春季大会で負けているチームとの対戦。私の復帰一日目に一緒に練習をさせてもらいましたが、その時の実力はトントンだったような気がします。第一試合で勝利したチームには3セットでの逆転勝ちで勢いがある状況なので、少し心配をしていました。
しかし、子供達はいつもどおりに試合をしてくれていましたが、こちらに流れが来そうなときにミスをすることの繰り返し…。そのまま、セットの終わりに逆転され1セットを取られてしまいました。ここで、いつもの嫌な流れで…。とも思いましたが、監督と二人で子供達にいつもどおりにすれば問題ない。絶対大丈夫を繰り返し、子供達に託しました。その結果、エースの頑張り、ブロックポイント、サーブポイント、セッターのツーアタックなどが上手くハマり、2セット目は10点に抑えて勝つことができました。
3セット目はエースが落ち着いて決めてくれて、点数をリードしたまま試合を進めることができ、どうにか勝利することができました。本当に子供達の成長を見ることができた試合でした。

第4試合は4年生が中心のチームでした。すっごく頑張っていましたが、やはり6年生の多い西諌早が優位に試合を進めることができました。その頑張りのお陰でチーム全員がピンチサーブなどで試合に出ることができました!全員が参加!という西諌早のカラーを引き継いでくれている監督に感謝です。

本当に諫早のチームの皆さんが西諌早に対してもいろいろ気にかけてアドバイスや過度なイジリをしてくれるお陰で子供達も成長できたのだと思います。諫早の代表としてさらに頑張り、胸を張って戦えるように努力します。

今回の大会は子供達の頑張りが一番ですが、保護者のみなさんが子供達のために忙しい中、一生懸命支えてくれたり応援してくれたことが結果となって表れたのだと思います。2年前、21対0で負けた試合も数回ありました。そんな悔しい思いを子供達と一緒に乗り越えてきた保護者さんたちにとっても今回の勝利は嬉しかったのではないでしょうか。

それと、熱い思いを前面に出してくれた監督。二人の年上のコーチに対し、いろいろと気を使って指導を任せながら、子供達に叱咤激励を繰り返してくれたことは、一番の力になっていると思っています。

でも、何と言っても子供達の頑張りが嬉しい!
今回の大会を通して、監督と私のベンチスタッフは子供達を怒鳴ったり、怒ったり、否定したりすることを(極力)しませんでした。
少なくとも監督はプラスの言葉をかけ続けてくれました。私は数回、怒るまねごとをしましたが、子供達にとっては儀式のようなものととらえているのかな?と感じています。
嬉しかったことは子供達がほとんどベンチを見ずに、自分たちで楽しそうにバレーをしてくれたことです。なので指示を出すときは大声で何度も言わないと伝わらず、相手に丸聞こえ…。それでも、結局、声をだせ!元気だせ!走れぇ~!集中!帰ってくるよぉ~!ここ集中!次一本!どんまいドンマイ!(レセプションで)飛ぶなぁ!面をしっかり!の10個の言葉しか伝えていません。

3月末に復活して、最初の練習試合を見た時、大人のバレーのようなクールなバレーに感じました。小学6年生になったらこんなにしっかりするのかなぁ~。と感じました。強いチームならそれもいいのですが、クールなバレーをするのには、まだ早かった。
5月の基山練習会の一日目。子供達に対し、今日から県大会に出場するための練習をする!と宣言し、少し気合をいれるのと同時にライバルチームにも西諌早あおぞらは県大会に出場すると公言してきました。その一日目にしたことと言えば、点数を入れたら喜んで走る!それだけでした。それを徹底してやりました。私の理想とする小学生バレーは、やっている子供達も応援する大人たちも一緒に楽しみ笑顔になるバレーでした。そこには、怒鳴ったり、怒ったり、否定したりではなく、褒めて、喜んで、認めてあげることでした。とはいえ、何度も怒鳴ったりはしているのですが、怖い監督さんたちを見ている彼らにとっては全く影響なし…。嬉しいような悲しいような…。

でも、そんなある意味、逆精神論的な指導に対し、素直に取り入れてくれて、疲れた時も頑張って走り続けてくれた子供達とそれを受け入れてくれた監督には本当に感謝です。それと、私とは違い子供達に論理的に的確な指導をしてくれた先輩コーチの存在は子供たち以上に監督と私の支えになりました。本当にありがとうございました。

とにかく、私のわがままでコーチと保護者さんで1年間チームを支えてくれた恩返しをしたくて、県大会出場にこだわりました。
本来は監督、コーチがあそこまで声を出して支持や応援をするのは間違っているのかもしれません。それでも、今回は県大会に行って欲しいという想いだけで声を出し続けました。少しは子供達にもその想いが届いたのかな?と自分だけで満足しています。

1か月後の県大会で西諌早あおぞららしいバレーをたくさん展開できるように頑張りますので、今後ともよろしくお願いします。
久しぶりに興奮してダラダラと長文を書いてしまいました…。
[ 2019/05/26 23:46 ] バレーボール | TB(0) | CM(0)

最も熱くなる日

いよいよ今週末は全国大会の諫早市予選が開催されます。
小学生のバレーボーラーが目指す最大の大会。長崎県はチーム数が多いため各地域の予選を通過しないと県大会に出場できない。男子は特にチーム数が減ってきているので、参加の意向があるチームは全部県大会に参加させる方向の方が子供達にとって良いのかもしれませんが、そこはまだ現状のままで戦うしかありません。

今年は本当に勝敗がわかりません!と言うのも、3月末から復帰して約2か月。実は諫早のチームと戦った姿をほとんど見たことがありません…。なので、他チームのチーム状況や力関係など全く知らない状況です。
と言うわけで、今からドキドキして試合を待っています。うちのチームだけ見ている状況では、まだまだ、まだまだと言う感じです。あと数カ月あれば…。と勝手に休んでいながら、そういった欲が出てきます。困ったものです。

しかし、一方では勝敗などは関係なく、バレーを楽しんでほしいのが本心です。強いチームはたくさんいて、練習も練習以外もしっかりしています。でも、私が最近特に思うのは、子供達を叱ったり、怒鳴ったりするのは子供達を自分の想いや大人の枠の中に入れようとしている。ありがたいことに息子もあおぞらの子供達もまったく枠に入ろうとしません。そこは良い感じだ思います。

以前もそうだったのですが、ブログを書いていると無性に眠くなり、半分寝ながら書いています。
[ 2019/05/20 22:31 ] バレーボール | TB(0) | CM(0)
プロフィール

あおぞら監督

Author:あおぞら監督
バレーが大好きな子供たちの気持ちを大切に頑張っていきます!
部員、サポーター、指導者、バレー好き募集中!
見学、体験はいつでも受け付けます!!
練習日
水曜、金曜 16:30~18:30
土曜 9:00~12:30 
日曜 9:00~12:30
(土日は練習試合に行くことがあります)

西諌早あおぞらバレーボールクラブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29